財務省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省・警察庁 認可
東京経営管理開発事業協同組合(TKK協同組合)は、下記の各種事業を通して、
中小企業のみなさまの発展をサポートいたします。
TKK協同組合は、共同購買事業、高速自動車国道・一般有料道路通行料支払い代行事業、教育・情報提供事業、コールセンター事業(秘書代行事業)、人材育成・教育研修事業、福利厚生事業、外国人技能実習生受入れ事業、共同労務管理事業等を通じて、中小企業のみなさまの発展をサポートいたします。
外国人技能実習生受入れ事業 今後の事業展開 活動報告・活動紹介
TOPへ戻る 会社概要 問合せフォーム
技能実習生の入国・配属までの流れ
 
外国人技能実習生受入れ事業 目次へ戻る
 
技能実習生の入国・配属までの流れ
 
1 技能実習生求人お問合せ
(1) 当組合作成の事前調査表にご回答いただきます。
(2) 当組合による調査・視察・説明を行います。
約3〜4ケ月 2 求人申込み
(1) 当組合にご加入いただきます。
(2) 人数・性別・国籍・その他諸条件等を話し合い、決定いたします。
(3) 送出し機関を選定いたします。
  3 選考
(1) 送出し機関に諸条件を伝え、人選を行います。
(2) 受入れ企業様と技能実習生との間の雇用契約を締結します。
約1〜2ケ月 4 書類の収集・作成
(1) 受入れ企業様に係る様々な書類の収集・作成を行います。
(2) 技能実習生に係る様々な書類の収集・作成を行います。
(3) その他様々な書類の収集・作成を行います。
約2〜3ケ月 5 入国申請書類の提出・書類審査
(1) 上記4の書類を入国管理局に提出します。
(2) 入国管理局で書類の審査を行います。
受入れ企業様は、技能実習生の受入れ体制を整備してください。
来日する技能実習生たちは、本国において当組合主催の事前講習を受講しております。また、健康診断も受診しております。
約1ケ月 6 在留資格認定証明書交付・VISAの発給申請
(1) 入国管理局より「在留資格認定証明書」が交付されます。
(2) 本国においてVISAの発給申請を行います。
来日 7 VISAの発給・来日
(1) 本国においてVISAが発給されます。
(2) 入国日・入国便を決定し、来日します。
約1〜2ケ月 8 講習期間
(1) 技能実習生たちは来日後約1〜2ケ月間の講習を受講します。
配属 9 配属・雇用関係発生
(1) 技能実習生たちは規定の講習受講後に、受入れ企業様に配属されます。
配属後は受入れ企業様と技能実習生の間に雇用関係が発生します。雇用契約や労働基準法等に基づいた賃金をお支払いください。
  
 
外国人技能実習生受入れ事業:各項目参照願います。
はじめに 制度の沿革・背景、制度の仕組み 研修・技能実習制度について
技能実習2号移行対象職種 受入れ企業条件 技能実習実施機関の留意点
技能実習生受入れ時のQ&A 技能実習生の入国・配属までの流れ 外国人技能実習生の活動状況
     
Copyright(C)tkk-kumiai 2009AllRights Reserved