財務省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省・警察庁 認可
東京経営管理開発事業協同組合(TKK協同組合)は、下記の各種事業を通して、
中小企業のみなさまの発展をサポートいたします。
TKK協同組合は、共同購買事業、高速自動車国道・一般有料道路通行料支払い代行事業、教育・情報提供事業、コールセンター事業(秘書代行事業)、人材育成・教育研修事業、福利厚生事業、外国人技能実習生受入れ事業、共同労務管理事業等を通じて、中小企業のみなさまの発展をサポートいたします。
外国人技能実習生受入れ事業 今後の事業展開 活動報告・活動紹介
TOPへ戻る 会社概要 問合せフォーム
技能実習生受入れ時のQ&A
 
外国人技能実習生受入れ事業 目次へ戻る
 
こんなときどうする? 技能実習生受入れ時のQ&A
 
 技能実習生を受入れるにあたっての様々な疑問点にお答えします。
制度の趣旨を理解し、適切な運用を行なっていただきますようお願いします
 
 制度では1年目から技能実習生が労働者として扱われますが、いわゆる単純労働者を受入れるという政策に転換したのですか?
 
 平成22年7月1日以降の新制度は、一部の受入れ機関において不適正な受入れが行なわれ、研修生・技能実習生が実質的に低賃金労働者として扱われるなど問題のある事例が増加している状況に対処し、研修生・技能実習生の保護の強化を図る観点から、実務研修を行なうものについては原則として雇用契約を締結したうえで実施させ、実務研修中の研修生が労働関係法令上の保護を受けられるようにすること等を目的としたものです。
 従って、この制度改正は、研修生・技能実習生が我が国で技能等を修得し、これにより出身国に技能等の移転を図るという研修・技能実習制度の目的を変更するものではなく、また、単純労働者の受入れに移行するものではありません
 
 入国1年目の技能実習生(技能実習1号)に対しても残業等、時間外労働が認められるのですか?
 
 技能実習生は、企業との雇用契約に基づき、より実践的な技能等を修得するための活動を行なう者ですので、労働関係法令が適用され、技能実習制度の趣旨から逸脱しない範囲で時間外労働が認められることになります。
 ただし、当該時間外労働も技能等修得活動の一環として実施される必要があるとともに、技能実習生に対する指導が可能な体制が構築されていなければなりません。
 
 技能実習生から、危険防止のためパスポートや外国人登録証明書・預貯金通帳を預かってほしいと要望がありましたが、預かってもよいのでしょうか?
 
 技能実習生のパスポートや外国人登録証明書・預貯金通帳を預かることは、不正行為認定等の対象となります。また、パスポートや外国人登録証明書は法令上携帯義務が課せられているので、法令違反に問われることにもなります。従いまして、技能実習生の失踪防止等いかなる理由であれ、また、たとえ技能実習生本人から保管してほしい旨の要望があったとしても、預かってはなりません。
 
 どのような行為が不正行為として認定されるのでしょうか?
 

不正行為の具体的内容は次のとおりです

 (1)暴行・脅迫・監禁

(2)旅券・外国人登録証明書の取り上げ

(3)賃金等の不払い

(4)人権を著しく侵害する行為

(5)偽変造文書等の行使・提供

(6)保証金の徴収等

(7)雇用契約に基づかない講習の期間中の業務への従事

(8)二重契約

(9)技能実習計画との齟齬

10)名義貸し

11)実習継続不可能時の報告不履行

12)監査・相談体制構築等の不履行

13)行方不明者の多発

14)不法就労者の雇用等

15)労働関係法令違反

16)営利目的の斡旋行為

17)再度の不正行為に準ずる行為

18)日誌等の作成等不履行

19)帰国時の報告不履行

 
 上記(9)技能実習計画との齟齬とは具体的にはどのようなことですか?
 
 入国管理局への申請の際に提出した技能実習計画と著しく異なる内容の技能実習を実施し、または当該計画に基づく技能実習を実施していなかった場合です。
 例えば、技能実習生に対し技能実習計画通りの講習を行なわなかった場合や、申請の際に技能実習を行なうとした作業とは別の作業に従事させた場合、技能実習計画上の複数の作業項目のうち大半の項目を実施しなかった場合などです。また、技能実習2号については、技能実習成果の評価において受検し合格した技能実習移行対象職種と異なる職種に従事させていたような場合です。なお、実際に行なわれた技能等修得活動の時間数が当初の技能実習計画の時間数を大幅に上回っている場合にも技能実習計画との齟齬と判断されることもあります
 
 上記(18)において、日誌以外に作成し、常備しておくべき書類等には何がありますか?
 
 技能実習の実施状況に係る文書や技能実習の指導に係る文書の作成・備付けまたは保存を怠っていた場合は不正行為として認定されます。入国管理局が実態調査を行なった際に、当該文書を確認できない場合は、適正に備付けまたは保存がなされていないとして、不正行為に該当します。
 
技能実習の実施状況に係る文書とは、講習日誌・技能実習日誌・賃金台帳・その他の実習内容・指導者・従事時間および賃金について記載した文書をいいます。
 
 工場の移転や指導員の人事異動があった場合はどうしたらよいですか?
 
 指導員・技能実習実施場所・技能実習生宿舎等、変更事項があった場合は速やかに当組合にお知らせください。その内容を入国管理局に申請・報告いたします。
  
外国人技能実習生受入れ事業:各項目参照願います。
はじめに 制度の沿革・背景、制度の仕組み 研修・技能実習制度について
技能実習2号移行対象職種 受入れ企業条件 技能実習実施機関の留意点
技能実習生受入れ時のQ&A 技能実習生の入国・配属までの流れ 外国人技能実習生の活動状況
     
Copyright(C)tkk-kumiai 2009AllRights Reserved